婦人科豆知識



婦人科診察

内診などの婦人科診察はとても勇気のいるものです。
普段からご自分に合った「かかりつけ医」を見つけておくと、いざという時に安心して受診できます。
どうしても嫌悪感・恐怖感をお持ちの方は、最初の診察はお話しだけ伺いたいと仰って、医師の意見を聞きに(医師の様子を見に?)行かれるのがよいかもしれませんね。

月経周期について

月経周期は以下のように大きくみ3つの時期に分けられています。

卵胞期(らんぽうき):
脳の間脳(かんのう)と呼ばれるところから、卵巣を刺激するホルモンが出てきて卵巣の中にある未熟な卵胞(らんぽう)を成熟させてゆきます。

排卵期(はいらんき):
成熟した卵胞からエストロゲンと呼ばれるホルモン(別名:卵胞ホルモン)が多量に分泌され、その働きによって月経時にはがれた子宮の内側の膜を再生増殖させます。内膜が充分な状態になると更に脳から卵巣内の成熟した卵胞を刺激し、卵胞内から卵子が飛び出します。

黄体期(おうたいき):
卵子が飛び出した後、卵胞の破れた部分は修復にかかります。体の怪我と同じく、はじめは赤く(赤体)次第に黄色みがかって黄体と呼ばれるようになります。ここから分泌(ぶんぴつ)されるホルモンをプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼びます。このホルモンは子宮の内膜をやわらかなベッドの様な状態に仕上げて妊娠時に備えます。

月経:
排卵後妊娠に至らなかった場合は卵巣の黄体は駄目になり、プロゲステロンの分泌は少なくなって子宮内膜ははがれてゆきます。そして血液と共に排出されます。

以上が月経の仕組みです。


月経周期の異常


頻発(ひんぱつ)月経:
   月経周期が25日以内のもの

希発(きはつ)月経:
   36日以上でないと月経が来ないもの



月経持続期間の異常



過短月経:
  2日以内で止まる時。
  無排卵周期のことが多い。

過長月経:
  8日以上続く時。貧血にご注意下さい。


不正出血

正常な月経以外の性器からの出血のことです。場所としては子宮体部・子宮頸部・膣・外陰部などからの出血が考えられますが、ホルモン異常・炎症・腫瘍(良性・悪性)など原因も様々ですので、早めに婦人科へ受診致しましょう。


月経前後に感じる体の異常


月経前緊張症(Premenstrual tension : PMS)

 月経の7〜10日前から頭痛・腹痛・腰痛・乳房痛・顔面や四肢の浮腫・精神不穏・うつ症状などが出現し、月経の開始頃には消失してゆきます。
原因はホルモン・ビタミン・伝達物質などのバランスが崩れて引き起こされると言われています。最近は雑誌などでもPMSという文字をよく見かけるようになりました。心当たりのある方は早めに婦人科医に相談しましょう。


月経困難症

 月経に随伴して生じる不快な症状全般をいうもので、下腹痛・腰痛・吐気・下痢・頭痛など様々です。
これらは子宮内膜組織において、月経時にプロスタグランディン(PG)と呼ばれる物質が大量に作り出される為だと考えられていますが、子宮筋腫や子宮内膜症・避妊器具によるもの・骨盤内の炎症などが原因の事もありますので、市販の鎮痛剤で治まらない時や毎月経時に起こるような方は、早めに婦人科医の診察を受けましょう。

おりもの


生理(月経)の周期に応じて量や性状が変化します。色は乳白色で下着に付き乾燥すると黄色となり、酸性のにおいがします。月経直後より排卵まで徐々に増えて排卵期には最も多く、その後減少してゆきます。
いつもと違う「おりもの」の感触があれば、特にカユミや不正な出血を伴ったようなときには、早めに婦人科受診をしましょう。


子宮癌検診

子宮頚癌の検診:

頚がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関与しており、性活動が活発な若い年代ではHPVの感染機会が増えています。
性交渉の経験があれば20歳代の若年層の方たちにも積極的にお受け頂く事をお勧め致します。

子宮体癌の検診:

閉経以降の女性で血性帯下(血液の混じったおりもの)がみられたら、迷わず婦人科を受診下さい。
体がんは、病状が進行していない早期の段階で出血をきたすことが多く、不正性器出血での発見が約90%といわれています。


ピルについて

ピルに含まれる2種類の女性ホルモンの働きにより、排卵や子宮への精子の侵入を妨げたり、更には受精卵の着床をも妨げて妊娠を防ぎます。
飲み忘れのない限り妊娠する確率は0.1%です。
これは女性1.000人が1年間飲み続けて1人失敗する程度の確率です。

しかしピルには副作用も多いですので安易に入手服用せず、必ず医療機関でご本人がご説明を受けてから処方をお受け下さい。





前のページへ
戻る
トップページへ
TOP
次のページへ
次へ