健康豆知識



咽頭結膜熱(プール熱)

病原体:アデノウイルス(1・3・4・7・14型)

好発年齢:学童・生徒

症状:発熱・咽頭発赤・結膜充血・眼痛・流涙・眼脂

治療:通常は対症療法のみであるが、アデノウイルス7型の感染時には重篤な合併症を起こす場合があり、特に心肺に基礎疾患がある小児では要注意!


めまい

突然あなたを襲う「めまい」 

「めまい」は色々な病気の1症状として現れたりもしますが、どの様な状況・姿勢でおこり、どれくらい続いたのか、それ以外の症状(例えば難聴など)が認められたのか(?)

などを正確に覚えておいて頂くことによって後々の診断・治療に大変役立ちます!

めまいの表現方法として「天井がぐるぐる回る」「雲の上を歩く様なフワフワした感じ」「歩行時に足元がふらつく」といった様な表現がよく使われます。体験なさった症状を、ありのまま表現された方が良いでしょう。

「めまい」をおこす病気には以下の様なものがあります。

全身性:高血圧・低血圧・不整脈などの循環器病。

中枢性:脳循環障害・椎骨脳底動脈循環障害・脳腫瘍など脳性のもの。

自律神経性:精神的なストレスや過労などによって、交感神経と副交感神経のバランスを崩す失調症的なのも。

耳性:メニエル病・良性頭位性めまい・突発性難聴・前庭神経炎・聴神経腫瘍など耳鼻科的なもの

その他、頚椎(首の骨)の変形によって頚椎の中を通っている椎骨動脈の圧迫がおこって「めまい」が生じる様な整形学的なものまであります。

いずれにせよ、「めまい」がおこったら
体を動かさずに衣服を緩めて楽な姿勢をとり、安静にして下さい。

治まった後でもお食事や嗜好品を制限し、入浴やお仕事も避けて必ず身近な方にご連絡を取っておいて下さい。

血圧計をお持ちの方は必ず測定しておきましょう。


ウイルス性肝炎

健康診断やたまたま受けられた採血結果で肝機能異常を指摘された方は、放置しておくと気付かないうちに肝硬変や肝がんに移行することがありますので、是非再検査をお受け下さい。

肝臓病の多くはウイルスが原因で起こります。

ウイルスは世界で6種類発見されておりますが、日本では皆様ご存知のA・B・Cの3型が主体です。


A型は飲食物を通じて起こる経口感染。

B型は血液や体液を介して起こり、大人では主に性行為で感染し、そのうち2割が急性肝炎を起こします。また母子感染の可能性もあり、母体にウイルスを保有している場合、出産時に感染します。(感染の可能性のある新生児にワクチンを接種して防ぎます)

C型は未検査の輸血・血液製剤の使用や注射器の使いまわしによって感染します。1994年以降の輸血経験者には、まず認められないはずです。

夫婦間での通常の性交渉では感染しないと考えられておりますが、母子感染はごくまれに存在します。

現在わが国には1〜2人/100人の割合で慢性C型肝炎あるいはC型肝炎持続感染者の方がいると考えられております。

いったん慢性化しますと軽度のまま経過することもありますが、大部分が進行性で無治療ですと10〜30年で肝硬変・肝がんに移行してしまうことが多いようです。

肝硬変や肝癌への進行を抑えるには、まずインターフェロンで慢性肝炎を治してしまうことが第一です。それが出来ないような場合は対症療法で肝炎の進行をくいとめる治療を行ってゆきます。

まずは、かかりつけ医とご相談頂きまして専門医を紹介してもらいましょう。


かぜ症候群

普通のかぜ(感冒):


上気道(鼻・咽頭・喉頭)の粘膜に発生する急性炎症で、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・のどの痛み・咳・発熱などを認めることが多い。病原菌としては80〜90%がウイルスで、成人ではライノウイルス,小児ではRSウイルス・パラインフルエンザウイルス・アデノウイルスなどが多く認められます。ウイルスによっては腹痛・下痢・嘔吐などを伴なうこともあります。

 

インフルエンザ:


インフルエンザウイルスの感染によって、気道に起こる急性炎症です。突然の悪寒(さむ気)・高熱に頭痛・筋肉痛・関節痛・倦怠感などの激しい全身症状を伴なうことが多く、こじれれば気管支炎・肺炎・脳炎等の重篤な合併症を認めることもあります。特に解熱鎮痛消炎剤は種類によっては危険ですので注意しましょう。

最近では特効薬もありますが、症状が出てから48時間以内で服用しないと効果がありませんので早めの受診が決め手です!



過敏性大腸症候群

何週間も下痢や便秘(ウサギの便の様なコロコロした便)が続いたり、交互に繰り返したりする。

また急な下痢でおなかが痛くなりトイレに駆け込み、排便するとやわらぐ。

 

このような症状は過敏性腸症候群が疑われます。

これは精神的・肉体的ストレスの多い時や生活習慣の乱れた時などに、腸が過敏となって痙攣を起こす病気です。

このような状態に陥ると、下痢・便秘あるいは下痢と便秘が交互にくるような症状が認められます。下痢でも1回の量が少しで回数が多く、便秘ではウサギの糞のようにコロコロで、便が十分に出きらずに常に便が残っている感じがします。

腹痛・腹部不快感・膨満感が1ヶ月以上続く時は、安易に下剤や下痢止めを使うのではなく、早めに医師へご相談下さい。



食中毒

食中毒防止3原則

付けない・増やさない・退治する

洗う


手指は調理前後だけでなく、調理中は特にこまめに。
手拭タオルもその都度交換しましょう。
調理器具〔まな板・包丁(特に柄の部分)・ふきん〕やシンクは熱湯や塩素
の漂白剤(扱いに注意)を使用して。
生野菜など加熱しないものは流水で丁寧に。


分ける


肉や魚などはふたのある容器に入れ、冷蔵庫の中の他の食品に肉汁などがかからないように工夫しましょう。
出来上がったものに未調理の物を近づけないように心掛けましょう。


増やさない


調理された食品は出来るだけ早く食べ、長時間放置しないようにしましょう。食品は冷蔵して保管します。一般的には10℃以下ですが、魚介類は4℃以下にする必要があります。(温度計で確認して)
食品を保温する場合は、65℃以上で保存しましょう。


退治する


大部分の微生物は熱に弱いので、食品の中心まで十分に加熱することが食中毒予防に有効です。生の肉・魚介類を扱った後は、手指を逆性せっけんなどの殺菌剤で消毒します。

まな板

表面は非常に傷つきやすく、汚れや細菌も傷の奥深くまで入り込んでいます。洗浄剤を使用してタワシでよくこすり、水洗後塩素系殺菌剤(次亜塩素酸ナトリウム)に十分浸してからよく水洗しましょう。また、細菌は乾燥に弱いのでよく乾燥させてから保管します。

包丁

刃のつけ根の部分が汚れやすく、柄も木製のものが多いので要注意です。包丁の殺菌は煮沸するか熱湯で処理し、柄はよく乾燥させておくことが大切です。刃の部分はきれいに洗っておけばまず心配ありません。


生活習慣病対策

朝食:

起床後1時間以内に摂れる様にしましょう。

パン・シリアル・ご飯などの穀類と共に牛乳や乳製品に野菜・果物を少量ずつ加え、これらのものからたんぱく質・糖質を摂取するように心掛けましょう。

菓子パンは高カロリーなものが多いので充分お気をつけ下さい。
 

昼食:

朝食より6時間前後で取るように心掛けましょう。

時間的に無理なら分け食べしてもかまいませんが、肉類・油物・麺類などカロリーの高めのものは昼食にもってくると良いでしょう。


晩食:

睡眠2時間前には済ませましょう。

お魚や温野菜など消化の良いものが好ましいと思われます。

糖類の多いものは控えられたほうが良いでしょう。

果物は朝に回しましょう。

 

まずご自身の標準体重を計算しましょう!

 身長(m)×身長(m)×22
 

例:

170cmの方の標準体重は 

1.7×1.7×22=63.58Kg となります。

次に適正なエネルギー摂取量を計算しましょう!

適正エネルギー量=

標準体重×身体活動量


身体活動量の参考例:

軽労働者(デスクワーク・主婦)

 25(女性)〜30(男性)Kcal

普通労働者(立ち仕事) 

 30(女性)〜35(男性)Kcal

重労働者(力仕事) 

 35(女性)〜40(男性)Kcal

よって例えば

身長170cmの男性で外回りが主なビジネスマンでは

適正エネルギー摂取量=

63.6Kg×35Kcal

=2226Kcal/日

となります。

従って170cmの外回りが主なビジネスマンで体重が70Kg以上の方がダイエットなさるなら1800〜2000Kcalにおさえ、適度な運動を加えれば充分ではないでしょうか。



運動療法について

ウォーキング(歩行運動)はとても身体には良いですが急に始めますと膝の関節をいためますので注意しましょう。

40分以上 ひじを曲げしっかり両腕を振りながらやや早足で歩きましょう!

目標 1日

男性9000〜10000歩

女性8000〜9000歩 

ウォーキングが無理な方は

まずご自宅でストレッチ運動から始めましょう!

椅子に座りテレビでも見ながら

肩関節を上げ・下げ・回す(3分)

首を前後・左右・回転運動(3分)

深く長く息を吸いながら両手背筋を伸ばして万歳し、そこから少しずつ息を吐きながらゆっくり両手を下ろしてゆき身体を小さく縮めて行きましょう。

ゆっくり繰り返してください。(3分)

床に座って

あぐらをかいて(可能なら両足の裏をくっつけて)充分に股関節を伸ばしましょう。

仰向けに寝転び両膝を立て、手は頭の後ろで組みます。

大きく息を吸ってから少しずつ息を吐きながらおなかをへっこませ、おへそをのぞきこむ姿勢をとりましょう。

息が続かなくなったら息を大きく吸い込みながら元の位置へ戻りましょう。

ゆっくり繰り返しましょう(3分)

先程と同じ様にあお向けに寝て両膝を立て手は頭の後ろで組みます。

息を軽く吸ってから腰をゆっくりと上げます。

息が続かなくなったら吐きながら元の位置に戻ります。

ゆっくり繰り返しましょう(3分)

雨であろうと良いお天気であろうと続けられます。


帯状疱疹

水ぼうそう(水痘)のウイルスが、水痘の治ったあとも体に潜んでいて何かの原因で

体の抵抗力の弱った時に再びウイルスが活動をし始めます。体のどこにでも出現しますが、2回目の水痘ではなく、帯状疱疹として扱われます。

 

はじめは(チクチクする様な)痛みや(虫さされの様な)カユミ、発赤(赤くはれる)

ところから始まり、水泡→破れて→ただれる(びらん)→かさぶた へと進行します。

治療が遅れると後々神経痛を強く残したりもします。(帯状疱疹後神経痛)

 

普通は他の人にはうつりませんが、水痘に免疫のない方には、時折うつる事があります(もし感染したときは水痘として症状が出ます)ので、注意しましょう。

疑わしい症状が出たときは、むやみに置き薬で経過をみ過ぎず、早めに皮膚科・内科・小児科・外科などに受診して下さい!

休診日などに発症された方は安静・清潔(お風呂OK・水泡を破らずに)体にやさしいバランス食で過ごし、翌日には必ずお近くの「かかりつけ医」に受診して下さい。



脱水

唇の乾きだけでなく口の中も観察して唾液が少なくなって乾いていないか?

 

普段より排尿回数が少なくなっていないか?

 

1回の尿量が少なく色が濃くないか?

 

特に多量の発汗・高熱・嘔吐・下痢が続いている時には要注意!

 

高温多湿の状況で長時間過ごしている時も要注意です!

 

水分補給

 

スポーツドリンクはあまり多量に飲用しますとかえって下痢になったり、ミネラル(電解質)不足になることがありますので小児では300cc程度・成人では500cc程度にして、特に小児ではアクアライト(乳幼児用イオン飲料) などまた別の料で補給されたほうが良いと考えます。

 

成人には

湯冷まし500ccに食塩小さじ半分・砂糖大さじ一杯を溶かし、オレンジやレモン

・グレープフルーツなどを1個絞って飲用して頂ければ電解質も充分に補給して頂けると思います。

(但し血圧のお薬服用中の方はグレープフルーツは避けて下さい)

 

無論、小児の方でも飲みやすく味に工夫すればこれで充分でしょう!


手足口病

病原体:エンテロウイルス

好発年齢:乳幼児

症状:微熱とともに口の中・手のひら・足のうらを主体に水泡性の発疹

治療:対症療法が原則であるが高熱が続くなどの重症化したときには要注意!


ヘルパンギーナ

病原体:コクサッキーウイルスやエコーウイルス

好発年齢:乳幼児(1〜4歳)

症状:発熱・咽頭痛・よだれ・頭痛・筋肉痛・発疹

治療:対症療法のみであるが時に髄膜炎を引き起こすこともあるので発熱・頭痛・嘔吐がそろえば要注意!

不眠症

睡眠障害には以下のタイプがございます。

 

 @入眠障害型:床についても眠りにつけない。

 A熟眠障害型:眠りが浅い。

 B中途覚醒型:夜中に何度も目が覚める。

 C早朝覚醒型:早く目が覚めてその後眠れない。

 

お薬の前に・・・

 

 @夕刻以降のカフェイン類摂取は禁

 A就床1時間前の喫煙は禁

 B入浴はぬるめで20分(洗身含む)汗が引いたらすぐ床に

 C休みといえども同じ時間帯で起床

 D昼寝はボーっと20分まで

 E寝酒は厳禁(夜中に目が覚めます)



慢性閉塞性肺疾患

 
近頃は喫煙者が激減したとはいえ、まだまだヘビースモーカーの方がおられます。
タバコだけではなく汚れた空気の影響で肺に炎症がおきると、息を充分に吐き出せなくなります。
状態が進みますと常に咳・たん・運動時の呼吸困難などが出現し、慢性閉塞性肺疾患と呼ばれる病態となり、常に酸素吸入器が必要となります。
重症化しますと寿命を縮めることになりかねません!
タバコを止めるのに遅すぎるということはございませんので、ぜひかかりつけ医にご相談下さい!

溶連菌感染症

病原体:A群溶血性レンサ球菌

好発年齢:児童・学童・生徒

症状:発熱・咽頭痛・扁桃腺発赤腫脹・いちご舌・皮疹・頸部リンパ節腫脹・全身倦怠

治療:ペニシリン系抗生物質・マクロライド系抗生物質・セフェム系抗生物質






前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ